認知症予防のアロマの使い方

前回の続きです。

認知症予防のアロマについて。
使用するアロマはローズマリー、レモン、ラベンダー、オレンジです。
こちらのアロマは前回ご説明していますので、何故認知症に良いのかは前回のブログをご覧下さい。

それではこれらの精油をどう使うか。
始めにローズマリー、レモンをブレンドしたアロマを、朝部屋へ香らせます。
たったこれだけ。
そしてラベンダー、オレンジをブレンドしたアロマを、夜部屋へ香らせます。
香らせ方は、ディフューザーなどで部屋へ香らせて頂ければ結構です。
決して難しいことはでありません。
これらのアロマが認知症に良いのか?
朝と夜のアロマを見て頂くと分かる通り、どちらも柑橘系のアロマが含まれています。
柑橘系のアロマに含まれる「dリモネン」という成分は、記憶形成に関与します。
オレンジには90%、レモンには80%、グレープフルーツには90%も含まれています。
そんなわけなのでまずはお試し下さい。
認知症が不安な方、ご家族で心配な高齢者のいる方は1日も早く試して頂くことをおすすめします。

味覚というものは70%近くが、嗅覚によるニオイで美味しい不味いを感じる

あなたは日々、意識して嗅ぐことをしていますか?
何かを嗅ごうと思わなければ意識して嗅ぐことはないと思います。
先日、私の主人が「味がしない」「美味しくない」と言い出しました。
まさかコロナになったのではないかと心配しましたが、1ヶ月経っても2ヶ月経っても一向に治る気配がありませんでした。
そして病院へ行くと、アレルギーによる嗅覚障害と言われ薬の投与を開始。
味がしない原因は、味覚障害ではなくニオイが全く感じなくなってしまいました。
驚くことにカレーを食べてもニオイが全くしないと、ただ辛く塩味と甘みと酸味しかせず、カレーらしが全くないとのことでした。
そう言えば、以前テレビで「かき氷」のシロップの会社を放送していました。
イチゴ、メロン、オレンジと色々なシロップを作る過程で、酸味と甘さはどれも同じで香り付けが違うだけと言っていたのを覚えています。
人は香りで食材を認識しているようで、赤いメロン風味のシロップも作れるらしい。
ただし、見た目と食べた感覚が違い脳が一瞬認識できなくなり違和感を感じるらしい。
人は食べる時、味覚はもちろん嗅覚と視覚を使い美味しや不味いを識別しています。

20種類のアロマで作る優雅な調香レッスン

先日「好きに作らせてくれる調香レッスンを受けてみたかったんです」と連絡頂いたセラピストさんがお越し下さいました。
セラピストとして沢山の知識をお持ちであり日々お忙しくされているようです。
好きな趣味での学びの時間、サロンのこと、ビジネスにまで考えが及ばずこれからどう展開していっていいのかとセラピシとして悩んでいました。
好きなことを仕事にするのって、理想なんだけどこれがなかなか難しい。
状況とタイミング、やりたい事が明確になってこないと着地が難しいですね。
レッスンをしながら、あるあるな話をしては考え込み、香りができあがった頃には前向きな話が出来るようになり良かったかな。
今回の調香レッスンは、初めて20本以上のアロマを使っての作成で、戸惑う面も多々ありましたが、無理もありません。
難しさもありますが、楽しさと調香の醍醐味も感じてもらえたようでした。
香りを組み立て、香りの奥行きや立体感を感じることができる調香レッスン。
アロマ香水の魅力にはまって頂けたらと願うばかりです。

オリエンタル調の香り

香りのレッスン

今回の香りはオリエンタル(オリエンタルノート)調の香りです。

この香りはリクエストを頂きました。

香りの特徴はスイートパウダリーとアニマリック、ちょっとお線香のイメージもあり濃厚でむせかえるような甘みをふくんだエキゾチックな香りです。

個性的ではありますが、女性にも男性にも使えるバリエーションの広い香りです。

セラピスト講師で、サロンワークがお忙しい方がレッスンにお越し頂きました。

丁寧に香りをチェックしながらバランスを重視して、緻密に組み立てたオリエンタル調の香りは、ゲランやマダムロシャスに負けない素敵な香りです。

20種類ほどのアロマで創る香りは奥行きのある香水となります。

興味のある方は遠慮なくフォームよりご連絡下さい。

睡眠障害は人それぞれ、あなたに合った治療とアロマを

本日のお客様は、先日の睡眠の投稿を見てご連絡を頂きました。

更年期の不調は様々で、ライフスタイル、体質、気質によって左右されます。
今回は睡眠の不調が気になると。
入眠はスムーズだけど、夜中に目が覚めると覚醒してしまうそうです。
そうなったらお布団から出て本を読んだりと、アドバイスがいらないくらい潔いです。
病院へ行かれ、漢方薬で様子を見ているとのことでした。

睡眠に関するお薬も飲んでいらっしゃらないので、症状は軽症とのお医者様の判断なんだと思います
ご本人は、不定愁訴を自覚されているのでなかなか周囲には理解されにくく、気持ちの波が大きいことがお辛いのだとおっしゃってました。

普段から、香りを側に置いて頂いてるということなのでセラピストの出番です。
ムエット(試香紙)ごとに、各アロマを一本一本香って頂きながら、「好き」って感覚で選び香りを作りました。
滴数に関しては、私の判断で各々合わせながら良い香りへと導いていきます。

今回はマスク環境を良くしたいというご希望なんで、ロールオンタイプをお勧めした。
周囲のお邪魔にならず、いつも自分だけが楽しめるから。

マスクにヌリヌリ、みぞおち、第四チャクラ(ハートチャクラ)、土踏まずにヌリヌリするのもお勧めです。

これってもしかしたら更年期?
不調を感じたり、もしも辛い症状が出てきたらお医者様へ。
治療法を相談しながらお薬を出してもらい、合う合わないがあるのでいろいろ試しみて「この薬で治る」と考えないで、「薬で気分がよくなる」という成功体験へ導くサポートをするためのものと考えて、気分が良くなったことを脳に記憶させたら症状が改善していくそうです。
不調を我慢したり、ほっておく事は回復を遅くさせて長引かせることになってしまいます。

睡眠を考えた調香

突然やってきた厄災(新型コロナ)、想像を絶する日常を過ごしつつも不安を抱える生活にストレスは大なり小なりあるのではないでしょうか。
ストレスは心身に少しずつ負荷をかけ不調として症状が現れてきています。

サロンに来てくれたお客様も年明けからプチ鬱状態だったと。
特に睡眠の不調がつらかったと言ってみえました。

睡眠の問題は人それぞれ。
なかなか寝付けない、夜中に何度も目が覚めてしまう、眠りが浅く感じる、朝スッキリ起きられないなど様々です。
睡眠の質が悪くなっているのだと感じます。

日本人の睡眠時間は、世界一短いという調査報告があります。
質の良い睡眠を確保できてないという悩みを持つ人が多いのではないでしょうか。

サロンへ来てくれた彼女の悩みは、昼間の眠気が酷く授業に影響が出てしまい、集中できないという事でした。

生活の様子を聞かせて頂き、アロマでできることをお伝えしました。

覚醒を目的として、作成した香りは。
頭をスッキリとし、眠気を飛ばしてくれるミント系を中心に、集中力強化と質の良い睡眠誘導のバランスを考え、ホメオスタシスの維持で眠気スッキリさせた覚醒ブレンドです。

アロマテラピーの可能性について紐解きながら、出来ることの可能性を考える時間になりました。

「母の日」に香りをプレゼント

先日、友達との関係にダメージを受けて何も手につかなくなってしまったとご相談がありました。
そんな時に私を頼りにしてくれることに感謝しています。

半年前にも新しい環境に一歩踏み出すために、背中をそっと押してくれる香りを作りに来てくれました。

今回はやっとショックから立ち直りつつある時に、もう少しの元気を取り戻したいからと香りを作りに来てくれました。
なんて嬉しいお言葉なんでしょう。

人はある面で否定されたとしても、人格全てを否定された訳じゃありません。
さまざまな人がいるから考え方もそれぞれ。
生きていくには、摩擦や理解不能な事もたくさんあって協調性も必要です。

自分を見失わないように、自身を大切にして欲しいです。

でも傷ついてしまった時、負けそうな時は、否定的な感情を跳ね除けてくれる香りを味方につけてみて下さい。

力を与えてくれるジュニパーベリー、意欲と自信のキーワードをもつタイム、不安を解消してくれるネロリ、シダー、それに花と柑橘系をプラスしてオリジナルフレグランスはいかがですか。

そしてもうすぐ「母の日」です。
いつも心配ばかりかけているのに、何も聞かずただただ見守ってくれて、味方でいてくれるお母様に香りを送りたいと。
なんて!素敵!優しい!羨ましい〜という訳でお任せでつくらせて頂きました。

母の日のプレゼントということで、無理いってラッピングサポートをアリス雑貨店さんへ。
幸子先生が素敵にラッピングしてくれました。
ついでに、人気のカーエアコンくまちゃん連れて帰って来ました。

気持ちの変化は脳の指示

前回の記事の続きの高校生。
ここからは診断の様子です。
ご本にいわく、起きて1時間勉強をし、学校へ行きクラブをし、帰ってから勉強をしての繰り返しが虚しく感じていると。
友人や家族には不満はないと。
始めにお話を聞いてから1週間後、1週間学校を休み学校へも3日前より行き始めてはいるものの、クラブは辞めていました。
「何故クラブを辞めたんですか」という問いに。
今の生活では、体の負担になっていると感じ、体力的にも無理だと判断したようです。
そこでセロトニン診断をさせて頂きました。
好きな事をしたり、何も考えずにボーっとする時間はとても必要。
音楽を聴いて泣くことも大事。
危うい時期であるにも関わらず、私の話を真剣に聞いてくれました。
また、学校で受けたカウンセリングでは、とにかく外へ出て歩きなさいと言われたようです。
高校2年生の彼には、心理学診断は心に届かない気がし。
お母さんの話でも、占いとか心理テストの類も興味が無いとは聞いていました。
それでもお話を聞いてくれる彼の気持ちに寄り添いたいと。
「心って自分の思い通りにはなりません」という言葉に彼は???
それは全て脳が判断して指示を出しているから。
自分でこんなはずではない、頑張らないといけないと思っても、体は脳が出した指示通りに動いてしまうということをお話させて頂きました。
すると彼の反応に変化出始めてきました。
脳がどんな成分を出して、どういう経路で何処にキャッチされるか。
どんなことがストレスになり、その人を苦しめるかについてわかりやすい言葉で説明。
脳のシステム、伝達、経路、受容体に関係していくつかの話にも良い反応を示してくれました。
だから香りでできることがあるのだと説明。
嗅神経は再生される、擦り込むように香りを送り続けることが大切です。
最後に、生まれ持った性格が悪いわけでも、考え方が間違っているのでもありません。
頭の中では絶え間なくアクセルを踏んだり、ブレーキをかけたりしてバランスを取っています。
そのバランスがちょっとしたきっかけで崩れ出し、疾患につながってしまいます。
知らないよりは知っていた方が良いという話をさせて頂きました。

新型コロナウイルスでいつもと様子が違う子供が心配

世界的にコロナウイルスが蔓延し人の生活と気持ちが凄く変わったのではないでしょうか。
いつもしていたことが普通に出来ない不自由さ。
そんな中で、ちょっと気になるお客様がお見えになりました。
お話を聞いてみると。
この夏頃から子供の様子が変わってきたと。
とてもしっかりしたお子様だったのですが、ある日学校を休みたいと訴えてきたそうです。
大学へ行きたいという希望もあり、勉強をすることに関しては何の問題もなく取り組む姿勢は変わらないそうです。
むしろしない方が落ち着かないと。
そんな気持はあるが何か不安定。
学校で行っているカウンセリングも受けていたと。
ただご両親は知らなかったそうです。
一人で悶々とした日々を過ごし、両親にも心配をかけたくないという思いも強かったのでしょう。
1週間ほど学校へは連絡をし休んでいたらしい。
ご両親は自宅ではのんびりと普通に過ごす子供さんはいたって何も変わらずいつもの子供さんです。
ただ音楽を聴いたり、ご両親が仕事へ行く時になると涙を流していたそうです。
いわゆる情緒不安定だったのか。
とても感受性の強い子供さんだったのでしょう。
それを見たご両親はどうしたらよいのかと、初めてみる子供の姿に戸惑うばかり。
そして先日、お母さんよりお話を聞く機会を得て、気持ちが落ち着くというアロマを処方させて頂きました。
本当は、ご本人に来て頂き好きな香りで調香させて頂くのが良いのですが。


心がどんどん不自由になっていってしまってることに、気がつかないで毎日を当たり前に過ごしています。
いつものルーティンのように消化する毎日を過ごしていると、心がどこかへ置き忘れてしまったようになってしまう……で、突然動きが止まってしまう!
そんな時、1番戸惑っているのが自分自身ではないでしょうか?
実は、本人は何も悪くありません。
全て脳の中で起きてい るシステム障害のようなもの……そのエラーが出てる部分にアロマを投射させましょう。
もちろんそれで抱えていた、ウツウツした気持ちが晴れる訳ではありませんが、サポート的に気持ちの切り替えになるはずです。

素敵なアロマペンダント

アロマアッシュで販売中のアロマペンダント一覧です。
素敵なペンダントが胸元で輝き、香りを放っています。

価格    2530円
※ お持ち帰りの際はお好きな香りをお付けいたします。

ペンダント購入時に、プラス 1500円 プラスでお好きな香りのアロマを5mlのアトマイザーでお持ち帰りできます。
また 2500円 プラスで10ml の精油瓶でお持ち帰りできます。

アロマのみの販売の場合は、5mlアトマイザーは2000円で10ml精油瓶は3500円となります。

※ 在庫には限りがありますので興味のある方はお早めにお願いします。